INTERVIEW

"常にお客様目線で"

開発部 SE/プログラマ

2019年入社

須垣 拓海

Q

データブロードに入社した理由を教えてください。

私は中途採用でデータブロードに入社しました。きっかけは、面白そうな仕事がしたい!と考えていた時に、データブロードのホームページを見たことです。テレビに映るものを手掛ける仕事内容にワクワクし、応募しました。実際に入社してみると、放送システムを作るためには新たに学ばなければいけないことが多く、慣れないうちは少し大変でした。それでも、先輩方の存在に励まされながら、自分で考えて行動し続けることで、仕事に慣れていきました。

Q

今までの業務で印象に残っていることは何ですか。

現在は開発と営業を担当しています。具体的には、お客様の案件について伺うこともあれば、社内で開発部のサポートを行うこともあるので、イメージとしては会社の「外」と「中」の両方に向けて仕事をしている感じです。
今までで印象に残っているのは、自分が携わった製品が実際にテレビで流れているところを初めて見た瞬間です。地方のケーブルテレビ局様の案件で、現地でメンテナンスを行ったときに偶然見ることができました。感動や嬉しさと同時に、テレビで流れるものを作る公共性の高い仕事に改めて責任の重さを感じました。

Q

これからの目標を教えてください。

目標は二つあります。まず一つ目は、一度弊社の製品を注文して下さったお客様全員に弊社のリピーターになってもらうこと。二つ目は、テレビ局様、そしてその放送を見ておられる視聴者様など、様々な層の方々に喜んでもらうことです。
その夢を叶えるため、お客様には120%以上ご満足していただきたいので、相手が必要としているものはもちろん、どうしたらそれを上回るものをご提供できるか常に考えています。そのために、製品を通して何の情報をどう伝えるべきか、きちんと整理しておくことはかかせません。

Q

その目標を実現するために、どんな人と一緒に働きたいですか。

相手の立場で物事を考えられる人と一緒に働きたいです。
弊社はお客様との距離が近く、お客様と話し合い、ご意見を製品に反映する機会が多いです。お客様と直接お話することは緊張感もありますが、仕事に対する活力にもなっています。
このように、お客様とやり取りする時間はとても貴重なので、その時間を大事にできるような、思いやりを持って相手の立場で話すことができる方と働きたいですね。

MESSAGE

知識ゼロで始めた新人さんもいますが、半年足らずでプロジェクトに参加し、活躍しています。興味のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。テレビに映るものを作るワクワク感を味わいたい方、ご応募お待ちしています!