Text broadcasting

文字放送システム

文字放送システム

フルハイビジョンの文字放送で地域情報をPR

文字放送とはCG(キャラクタージェネレータ)装置でグラフィカルな情報番組を自動的に再生するもので、スタッフがインタラクティブに操作する一般的なテロップ装置と異なり、ソフトウェア制御により自動的に画面の内容を更新したり、多彩な画面転換の演出を付加した高精細でリッチなコンテンツを提供できるのが特徴です。無人で24時間自動放送を行うケーブルテレビの自主放送チャンネルや衛星放送の気象や株価などの情報番組に利用されています。
コミュニティチャンネルに、HDの文字情報や緊急情報を放送したいとお考えのケーブルテレビ局様に、幅広いグレードをカバーできる弊社の文字放送システムラインナップをご紹介します。

特 長

Type 01HD緊急情報

緊急情報をL字テロップで割り込み表示したい

  • 【主な緊急情報】
  • 防災防犯情報
  • 火災情報
  • 停波のお知らせ
  • 警報・注意報
  • 地震・注意報
  • 選挙速報

緊急情報を受信すると、本線を自動的に縮小し、L字型で緊急文字情報をスクロール表示します。

  • 緊急情報を受信すると、本線を自動的に縮小し、L字型で緊急文字情報をスクロール表示します。
  • 緊急情報スクロール時には、緊急効果音を本線音声に重畳しエンベデッドオーディオ出力します。
  • 緊急情報だけでなく、お知らせや選挙速報にもお使いいただけます。
    カテゴリはケーブルテレビ局様で追加、修正、削除可能です。
  • コミCHの最終段にL字合成装置は、電源二重化による冗長化および、電源断時に本線映像・音声をバイパス出力します。
  • パソコンの画面をクロマキー合成するより、高精細で信頼性が高い自動放送が実現できます。

Type 02HD L字型文字放送

L字型文字放送を時間帯枠で流したい

本線をDVE機能で縮小して、L字型にメイン、サブ、クロールの3つの領域をレイアウト表示し、それぞれが独立して情報を提供します。

  • 本線をDVE機能で縮小して、L字型にメイン、サブ、クロールの3つの領域をレイアウト表示し、それぞれが独立して情報を提供します。
  • メイン領域には、文字または、画像を表示します。1頁に収まらない文字は自動的に縦スクロール(プッシュアップ)します。
  • クロール領域には、ニュースティッカー的に文字を横スクロール表示します。
  • 背景画像は、放送を停止せずに入替でき、春夏秋冬などで選択します。
  • 音声は、本線音声または外部入力のBGMにコンピュータの音声をミキシングして、緊急時のチャイム鳴動や、音声合成によるテキスト読み上げ(オプション)を付加できます。

Type 03HD文字放送(全画面)

全画面文字放送を時間帯枠で流したい

文字放送の原稿は、カテゴリ(番組)別に管理されており、カテゴリを番組枠に割り当てることで、時間帯別にカテゴリごとでテキストあるいは画像と背景画面を切替して放送することができます。例えば、「気象情報」や「お悔やみ情報」という具合でカテゴリを分ければ、毎正時は「気象情報」、毎正時15分は「お悔やみ情報」などと視聴習慣が育まれます。

  • 文字放送の原稿は、カテゴリ(番組)別に管理されており、カテゴリを番組枠に割り当てることで、時間帯別にカテゴリごとでテキストあるいは画像と背景画面を切替して放送することができます。例えば、「気象情報」や「お悔やみ情報」という具合でカテゴリを分ければ、毎正時は「気象情報」、毎正時15分は「お悔やみ情報」などと視聴習慣が育まれます。
  • テキスト原稿が1頁に収まらない文字数、行数となる場合は、自動的にスクロールアップして全文が読めます。
  • 下部には、カテゴリに応じたCM画像を表示することができます。「お悔やみ情報」と「葬祭場」など割り当て可能です。
  • カテゴリはケーブルテレビ局様で自由に追加、修正、削除可能です。編成ごとのメーカーメンテナンス費用は不要です。
  • 放送開始時刻をスケジュール設定しカテゴリを割り当てしたパターンで放送スケジュールが作れます。曜日別に放送スケジュールをパターンから選べるので、月〜金と土日の編成、特番編成などと分けることができます。
  • 音声は外部入力のBGM、またはオプションで音声合成読み上げ+BGMが選択可能です。

Type 04HD文字放送(オーバーレイ)

本線上に文字テロップをオーバーレイ表示で流したい ※本線映像がメイン

ライブカメラやベーカーチャンネルの有効活用として、本線上に半透明の背景マットを合成して、さらにテロップをオーバーレイ表示するシステムが提供できます。

  • ライブカメラやベーカーチャンネルの有効活用として、本線上に半透明の背景マットを合成して、さらにテロップをオーバーレイ表示するシステムが提供できます。
  • 画面レイアウトは半透明テロップ表示、全画面テロップ表示の2つのモードがあり、時間帯で切替るスケジュール運転が可能です。例えば、夜間のライブカメラ映像が見えない時に情報チャンネルとして文字放送として運用が可能です。
  • テロップの場合は、1頁目のみ表示します。
  • 全画面の場合は、文字または、画像を表示します。1頁に収まらない文字は、スクロールアップします。
  • 音声は本線音声、外部入力のBGM、またはオプションで音声合成読み上げ+BGMが選択可能です。

機能紹介

1.Webでデータ投稿

文字放送に表示する記事は、ホームページより投稿します。パソコンに特別なソフトをインストールしなくても、文字や写真などの記事を投稿できます。IDとパスワードでログインし、簡単な操作で情報を更新します。(IPアドレスによるセキュリティ強化可能)
なお、データ放送用CMSを使用していますので、将来データ放送システムへの移行、あるいは併用の際に、CMSはそのまま使用いただけます。

文字放送に表示する記事は、ホームページより投稿します。パソコンに特別なソフトをインストールしなくても、文字や写真などの記事を投稿できます。IDとパスワードでログインし、簡単な操作で情報を更新します。(IPアドレスによるセキュリティ強化可能)<br> なお、データ放送用CMSを使用していますので、将来データ放送システムへの移行、あるいは併用の際に、CMSはそのまま使用いただけます。

背景画像を簡単に差し替え。複数の背景画像を差し替えて、自由カスタマイズすることができます。

2.HD/SDに両対応

お客様の運用に幅広く対応するため、HD/SDの両方に対応するシステムとなっております。 レイアウトデザインは、CATV局様毎にオリジナルでご提供いたします。 ※本レイアウトは、フルハイビジョン(1920×1080ドット)で送出し、ハイビジョン放送とアナログ放送(ダウンコンバート)の両方での放送用デザインです。

お客様の運用に幅広く対応するため、HD/SDの両方に対応するシステムとなっております。 レイアウトデザインは、CATV局様毎にオリジナルでご提供いたします。 ※本レイアウトは、フルハイビジョン(1920×1080ドット)で送出し、ハイビジョン放送とアナログ放送(ダウンコンバート)の両方での放送用デザインです。

3.ワンソースマルチユースで省力化&魅力度アップ

オプションで、さまざまな情報取得元からの自動取得が可能です。運用にあわせてお見積りいたします。

  • メール受信機能
  • HP情報自動受信機能(HTTP、XML等)
  • 天気情報提供
  • 交通情報自動受信機能(FTP)

運用システムイメージ

文字放送運用システムイメージ。Webデータ投稿に加え、メール、FTP、HTTPデータ自動取得機能で省略化&魅力度がアップ

標準製品構成

制御装置 番組素材Web登録
スケジュール運行管理
HD/SD 文字情報送出
ウィルスソフトウェア
リモートコントロールソフトウェア
合成装置映像入力 HD/SD-SDI



ゲンロック入力
BNC×1系統
対応フォーマット : 480i/720p/1080i
SMPTE 292M/259M-C 規格準拠 0.8Vp-p 75Ω

BB(ブラックバースト) : BNC×1系統
NTSC 規格準拠 0.8Vp-p 75Ω
映像出力 HD/SD-SDI BNC×1系統
対応フォーマット : 480i/1080i/720p
SMPTE 292M/259M-C 規格準拠 0.8Vp-p 75Ω
リモートメンテナンス保守 常に運転状態をメールなどで監視しております。障害が発生した際には、インターネットVPN回線によるネットワーク接続により、いち早く原因の解析や復旧をします。
その他 17インチTFTモニタ
VPNルータ

文字放送基本CMS

文字放送ソフトウェア
型番:DCS15MJ04T10A
文字放送用基本ソフトウェア。画面構成(メイン/サブ/クロール)やスケジューラ機能を搭載。拡張機能としてデータ放送のCMSへアップグレードが可能。

オプション製品

メール受信機能 情報提供先様配信のメール(災害情報、イベント情報)を自動取得し、 お知らせ文字情報として流します。警察からの安全安心情報、消防からの緊急出動連絡や警戒情報、都道府県からの土砂災害警戒情報など様々なリアルタイム情報に活用できます。
音声合成出力機能 お知らせ文字情報を表示する際、文字を音声合成で読み上げ出力します。
音声合成をプレビューして読みを調整できます。
単語登録で、音声合成のイントネーションや読み方を設定することができます。
(町名などに使用)
天気情報自動取得機能 天気情報提供会社から情報を自動取得して放送します。
天気情報の提供 天気情報提供会社の代わりに天気情報の提供ができます。
HP情報自動受信機能 行政等のHPなどから情報を自動取得して放送に活用できます。(HTTP、XML等)
オープンデータの取り組みが全国的に普及しつつあり、市町村のホームページでは様々な地域情報が提供されるようになり、活用が期待されています。
J-ALERT連携機能 J-ALERT(全国瞬時警戒システム)から津波をはじめとする大規模災害や、武力攻撃事態が発生した際に、すみやかに文字放送システムで割り込み表示でお知らせし、警戒や避難の呼びかけを行います。
L-ALERT連携機能 L-ALERT(災害情報共有システム/公共情報コモンズ)により、災害発生時やその復興局面等において、公共情報を発信する自治体・ライフライン事業者からの避難所の開設状況や被災状況などから地域に必要なリアルタイム情報を自動的に選別して文字放送システムで自動放送します。
交通情報自動受信機能 交通情報提供会社から情報を自動取得して、放送します。(FTP等)

CONTACT

製品・サービスに関するお問い合わせはこちら